池袋のクリニックでED治療

ED治療勃起治療薬や早漏防止薬などを処方

池袋のクリニックでED治療をすると基本的には薬物治療が中心なので、勃起治療薬や早漏防止薬などを処方して症状を改善するのですが、ED治療は原因を特定するのが一番重要なので、池袋のクリニックでは血液検査やレントゲン、心電図などの検査を行って、原因になっている病気や生活習慣病を特定することができます。ED治療は精神的なものと、病気によるものでは全くアプローチの仕方が異なるので、自分で判断をしてED治療薬を購入しないで、池袋のED専門のクリニックを受診して根本的な治療を行うことが大切です。

EDが精神的な原因から起きている場合には認知行動療法や心理カウンセリングで治療をすると再発することはほとんどないとされているので、治療が完了すると勃起治療薬などを服用しなくても正常なセックスをすることができるので、薬代が必要なくなります。EDはセックスの時に血液がペニスに集中しないことで起きるのですが、動脈硬化や糖尿病、精神的ストレスが原因であることが多く、動脈硬化は生活習慣を改善することで十分に完治することが可能なので、池袋のクリニックで生活指導を受けて、医師の指示にしたがって治療をするとEDを完治することができます。

糖尿病の場合は性欲がなくなっていることが多いのですが、性欲があるにもかかわらず勃起できない場合には神経組織が壊されている場合があるので、亀頭部分の感覚が鈍くなって、勃起ができなくなっています。精神的なストレスの場合はセックスの時に脳が興奮状態になって、交感神経が過剰に反応することで、血液がペニスよりも脳や心臓、足などに流れるので、ペニスが勃起しなくなります。これらの症状を改善するためには勃起治療薬を服用しなければなりませんが、1錠あたり2000円程度の費用が必要なので、個人輸入を利用して自分で薬を手に入れている人も数多くいます。

ED治療は認知行動療法や心理カウンセリング

勃起治療薬は医療機関では3種類が処方されていて、それぞれ短時間で効果を発揮するものや、効果が長いものなどがあるので、用途に応じて服用することができます。安全性の高い薬なので、副作用は顔の紅潮やほてり程度しかありませんが、飲み合わせには注意が必要で、抗真菌剤や抗ウイルス薬などを服用している場合には血中濃度を上昇させる恐れがあるので、場合によっては重篤な副作用が出る可能性もあります。とくにHIVの治療薬は血中濃度を上げやすいので注意をしなければなりません。池袋のクリニックで薬を処方される場合には確実に本物を手に入れることができるのですが、個人輸入をすると偽物が送られてくる可能性もあるので、信頼できる業者から購入しなければなりません。

個人輸入で手に入れることができるのはジェネリック医薬品ですが、ED治療 薬は世界的に需要が大きくなっているので、世界各地のジェネリック医薬品メーカーが製造しています。中でもインドはジェネリック医薬品の製造が盛んな国なので、インド産の物が多く、品質も非常に高いのですが、流通しているときに偽物に入れ替えられることがあるので、個人輸入をする場合には経由地などをしっかりと追跡できるサービスのある業者で購入しないと、偽物が混入された場所を特定できません。

基本的には個人輸入業者は信頼が高くないと利用者が増えないので、第三者機関に検査を依頼するなどして有効成分を検査していますが、購入した時には本物でも途中の国で偽物にされることがあるので、アフターケアが充実している業者を選ばなければなりません。個人輸入は価格が安いというメリットがありますが、副作用が起きた時に適切な治療を受けるのが難しいことや、日本やアメリカでは使用が禁止されている添加物が使われているなどのデメリットもあります。

====つづきは==== ED治療は認知行動療法


池袋 ED治療 池袋セントラルクリニック